発達障害だったから、開き直ってみることにした

36でADHD(注意欠陥・多動性障害)という発達障害であることが判明しました。ASD傾向も有。ならばいっそ、この好奇心と行動力と衝動性を全開にして過ごしてみたらいきなり世界が変わってみえました

まさかの交通事故

ブログに飽きてサボっているわけではなく

いやいや、それも否定しないけども。

 

次から次へと問題が起こりすぎ・・・

問題というかトラブルが?ネタが?イベントが?

 

折れた左腕もリハビリしなさいねーっと

ストレッチやらヨガやら始めた矢先。

 

 

まさかの 車と接触事故起きまして。

 

まさかの 追加で鎖骨折れまして。

 

まさかの 今度は右側で。

 

いやいやもう、すごい。

左腕骨折で厄終わりかと思いきや。

まだまだ お上の試練はあるようで。

 

 

 

ついに、原付に乗っていて、

車と衝突いたしました・・・orz

 

原付きに乗って10年以上。

古い原付きに乗っていて、

エンジンが暴走し、引きずられた上、

ふっとばされたことはあったのだけど

(えげつなかった!白いダウンが真っ赤に染まるくらい出血した)

まぁいうて、手足も動いたし、誰かにぶつからなかったし、

ちょうど病院に行くところだったしで、大事にはせず。

 

先日の壱岐島で転倒も、

更に孤独にドロに滑ってコケたので

骨は折ったけど、自爆で済んだ

(レンタルした原付も傷とミラーのネジが緩んだくらいで済んだ)

 

ADHDとして言うならば、

むしろ

よくぞ今まで事故がなかったものだ

と正直思っていた私←

 

周りにも心配されるのだけど、

実は未だに道路標識にも少々自信がない。

私は車免許ではなく、

原付免許なので筆記試験のみで公道を走る恐ろしさ。

これまでは市内程度だったので、特に思わなかったのだけど

長距離を走り出した今年改めて、自分の知識の曖昧さを色々しったのだ。

 

正面衝突ではなく、

原付の左側面と直進車が衝突したので

正面衝突ではなかったから、事故ったあと私が思ったことは

 

あぁ・・・相手の車は大丈夫かな・・・

 

だった。

まじで。

 

夜間の奈良の山で遭難したときもそうだったけど、

事故にあっても、車とぶつかっても、痛い目をみても

やっぱりわたしには恐怖心が伴っていないことも実感しますたよ。

 

死への恐怖がないのか、

ただただ危機感を持っていないのか

そこは謎なのだけども。

 

危機感がないから、

誰とでも距離感なく話してしまうのだけどね。

 

もちろん、びっくりはしましたよ

ほんと。

まじで。