発達障害だったから、開き直ってみることにした

36でADHD(注意欠陥・多動性障害)という発達障害であることが判明しました。ASD傾向も有。ならばいっそ、この好奇心と行動力と衝動性を全開にして過ごしてみたらいきなり世界が変わってみえました

そして、加害者と連絡が取れなくなった

『 確認したいことがあるので、今日お電話良いですか?』

と、メッセージをしたが
夜に返ってきたメッセージは
本日は無理であるとのこと。


そこはかとなく、
嫌な予感もしつつ、
12月の金曜日である

年末進行やら忘年会やら
就業している人は色々あるだろう

と自分に言い聞かせて、
『では、明日連絡する』
と、流石の私もお伺いを立て続けられないので
不安もあったため、そう返事をした


だが、翌日にあちらからメッセージで
『今日も難しい』
そして
『メッセージのやりとりではだめか』
という、

何となく今までの加害者さんの言葉とはと思えない、
違和感のあるメッセージが来た!

たった数回だけど、
私は人の性格観察だけは凄くするのだ。

それに、今更だ。
こういう意志を持っているなら
最初から提案したはず。

忙しいからとかではなく
文字に残して、
周りにでも相談しながら返事決めるんじゃね?!

と、
被害妄想脳の私は瞬時にそんなことを考える


とりあえず、
やりとりをする程の確認ではないことと、
私自身が返事を待つことがとても苦手であるという
(いやこれマジで)
旨をお伝えし、返事を待つことにした


が。

この後、返事はなくなり、
電話するも留守電になってしまったのである


不安的中。


絶対、保険会社ないし、
三者からのアドバイスで、
私の対応を変えたのだろう